萩往還道路〜21世紀の森ライド 後編!

萩でのポタリングが楽しかったこともありますが、約半分、往路をこなした
時点で足に全くと言っていい程きてなかった、ということでかなりご機嫌な
状態で復路につきます。とはいえ来た道をそのまま戻っても面白くありません。

ということでまだ走ったことの無い道を検索して走り出します。

ご存知の通り山口県は本州の南端(西端?)にあり三方を海に囲まれています。
我が街宇部は瀬戸内側にありますので日本海側に面した萩市に行く為には
中国山地を越えなければなりません。往路に選択した道は萩に入る直前にかなり
ながい下りがありましたので、復路はいきなり上りだろうとある程度覚悟して
走り出しました。しばらくは川沿いの平地でしたがやはり次第に登りになりました。

斜度はそれほど無いものの距離はかなりありました。ところがここでもZondaの
おかげか、テンポよく軽快に登れます!今回はリアのカセットスプロケットも
山道対応(弱虫対応?)の11-28をセットしましたので気持ちにも余裕があります。
(Aura5にはスプリンター仕様の11-23をセットしてあります)

セオリー通り、上体を起こして軽ギアをくるくる回すよう心がけます。
しばらく進むと工事中で片側通行のエリアがありました。数台の車が信号待ちして
いましたのですり抜けて最前列まで行きます。人の良さそうな警備員の方が
すみませんねとお辞儀をされます。信号が変わった後車を先に流し、なんと僕
一人だけを行かせてくれます。つまり上りも下りも車を止めて僕の自転車一台の
ためだけの時間を作ってくれたということです!これはゆっくり行ったらヒンシュク
だなとペースを上げます。ギアを上げてダンシングをまぜて加速します。
ところが思ったより工事区間が長いのです。トンネルも一つ含まれていて約1kmは
あったと思います(汗)それも全区間登り!出口の信号までつくと車が10台くらい
待っていました。すみませんとお辞儀をしながらペースを戻します。

そんなハプニングもありましたが足はまだまだ余裕がありました。ここまでリアの
28はさすがに使っていなかったのですが試しに入れてみます。するとFディレーラーに
チェーンが干渉する音が…「インナー×ローでなぜ?」と見るとなんとフロントが
アウターに入ったままでした。「ここまでアウターで登ってきたのか!?」
どんだけすごいんだゾンダパワー!というか自分も強くなってる!?嬉しくてたまりません!

長い上りが終わって登った分だけ下ります。再び平地に入ったところでルート確認もかねて
休憩します。田舎道の小屋がついたバス停で休ませてもらいます。

c0310469_22290360.jpg


























この休憩で、僕がブログを始めるきっかけになった方もまさに今日ロングライド
をされていることを知ります!なんと言うんでしょうか、嬉しくて、不思議な力が
湧いてくる感じでした。子供の頃、空き地に遊びにいったら約束してないのに
友達がいた、みたいな?激坂を登りたい気分です!

c0310469_22531398.jpg
















歴史の道萩往還を選択します。しばらくすすむと道は再び登り始めます。
土地勘の無い僕は登りきるまでこれが21世紀の森へと続く坂だとは知りませんでした(汗)
実はこの峠は車やオートバイの走り屋の人たちには知られている峠で斜度がきつく
パワーの無いスクーターでは登れない、と言われている峠なんです。

c0310469_23024630.jpg















山口県なのに雪が残っています!

c0310469_23040411.jpg















まだまだ続きます!

c0310469_23045434.jpg















え、ここって21世紀の森だったんや〜(汗)写真撮っとこ!
さすがにここまでの道は先ほどまでのようにアウターでは登れませんでした。
でもまだまだ足は残っています!

ここが最高地点ですから当然この後は下りです。怖いくらいのスピードが
でます。

c0310469_23075494.jpg















下りの途中にダムがあります。ダムカード、ないのかな?

c0310469_23085420.jpg















このダムからさらに下ったところに観光名所の

c0310469_23094875.jpg















瑠璃光寺の五重塔があります。山口は西の京都、西京とも呼ばれているんですが
こうゆうところはまさにそうかもしれませんね。

平地におりたところで補給食を探します。瑠璃光寺の目の前の売店でたい焼きの
看板を見つけて、これだ!と思ったんですが、本日はやっておりません…

それで近くのお肉屋さんでコロッケ

c0310469_23143198.jpg

















自転車の補給食としてはグリーシーな感もありますが、コロッケはとても
美味しかったです!

c0310469_23181253.jpg















ここから家までは約25kmの平坦な道です。まだまだ足の残っている僕は
アベレージ30を目標に走ります。

だいたい目標を達成して自宅に着きます。サイコン読みで150kmちょうど。
ウソみたいに疲れていないことが嬉しくてたまりません。今日はバックパック
を背負って行ったんですが、足ではなく肩が疲れた感じでした。前回足に来て
しまった僕は最悪の事態に備えてクリートシューズではない普通のスニーカーも
背負って行っていたのです。

これで、春になって装備も軽くなりバックパックもなくなれば条件はさらによく
なります。ベテランローディーさんたちと比べればまだまだだと思いますが
自分的にかなり収穫のあったライドになりました。

間隔の残っているうちに100km程度のライドを繰り返したいと思いました!







[PR]
by leblanc_blue | 2014-02-28 23:28 | ロードバイク

仕事はオートバイの整備趣味は自転車です。速くなりたいんですが…現在自分が増量中です(笑)
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30