角島ライド完結!

iphoneからブログを更新してみましたが、フォントの大きさが途中で
変わったり写真の向きが変わったりと、原因不明のドタバタ感が出て
しまいました(汗

全行程200Kmなのに80Kmの時点で左足に激痛が生じてしまい、
痛みと闘いながらさらに20Km進んで島までたどり着いたのですが
満足感と同時に、大の大人になってから久しぶりに“とんでもない”
ことをやってしまった感も正直ありました。

自宅から約100Km離れたこの地点に平日の日中に車で助けにきて
くれそうな人が思い浮かばず、この足の痛みが何なのかもわかりません。
当然翌日はがっつり仕事が入っており、とりあえず今日は家に帰らな
ければならないのです。

でも不思議と、『どうにかなるだろう』という気持ちもわいてきました。
とりあえず、六画レンチでサドル高を変えます。使う筋肉の部位がかわる
ため少しは楽になるかもしれません。これが功をそうしたのかしばらく
距離をかせぐことができました。

iphoneで地図を見ながらショートカットを探します。さすがにもう200Km
にこだわってはいられません。家までの最短を見つけましたが、大きな山を
超えなければなりません。この足でヒルクライムなんて出来るんだろうか、
と真剣に悩みましたがそのコースにかけます。

ペダルを一回転まわすごとに家に近づいている、と自分を励ましながら
こぎました。10kmごとぐらいに休憩を取り、商店でどら焼きを食べたり
コーラを飲んだりしてエネルギーを補給します。ここいらでもう一度サドル高
を変えます。すると今までで一番楽に感じるようになったのです。
もしかすると、ミリ単位のセッティングとはこのことだろうか?
と思いました。

途中でいろいろなことを考えました。人生初のヒッチハイクをしようか、
とも本気で考えました。でも残り50kmをきると、もう大丈夫だ!という
気持ちが出てきました。最後のコンビニ休憩を取って家の近所のバイクショップ
に顔を出したのは夕方の5時頃でした。

『ずいぶん遠くまで行ってきたね』という店長と雑談しているとなんだか
さっきまでの苦労や心配がウソのようにも思えました。

当初200kmの予定が170km程になってしまいましたが自分に取って忘れられない
ロングライドになりました。左足の痛みも1週間程で消え、ハンガーノックなのか
どうかもわからずじまいでした。

目的地以外の写真も撮っておらず、わざわざ人に話すほどのドラマもない
この体験でしたが自分のバイクライフにおいては欠かせない体験になりました。
初代ロードバイクのビアンキと一緒に行ったという点でもそういえます。

[PR]
by leblanc_blue | 2013-11-30 21:14

仕事はオートバイの整備趣味は自転車です。速くなりたいんですが…現在自分が増量中です(笑)
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30